柘榴坂の仇討 

仇討ちをするためには、その妻や周囲の人たちの協力体制が必須であることを、この映画は教えてくれる。そして仇討ちをされる側にも協力者はいるし、いってみれば、仇討ちをする本人と仇討ちをされる本人、両者の息もあっていなければ仇討ちは達成されないのではないか。
この両者、このときにすでにのちのちの映画化さえも視野に入れて、柘榴坂などとタイトルに採用されやすい名称の場所で相まみえることも計算済みと思われる。そのため、おそらくメールなどのやりとりで人力車に乗る場所や時間を決めて落ち合ったのであろう。

■柘榴坂の仇討 2014年 日本映画
監督:若松節朗
原作:浅田次郎
脚本:高松宏伸、飯田健三郎、長谷川康夫
音楽:久石譲
出演:中井貴一、阿部寛、広末涼子、岡山和之、川島夕空、高嶋政宏、清水理江、真飛聖、平井靖、吉田栄作、丸谷茂樹、近江陽一郎、三輪勇人、堂珍嘉邦、奥深山新、木崎ゆりあ、野々村仁、藤竜也、越中晃一、中村吉右衛門、帯金伸行、ドナルド・レイノルズ、東山龍平、関秀人、稲田龍雄、川井つと、木内義人、鴻明、浜口望海、井之上淳、松浦健城、鍋島浩、鎌田英怜奈、細川純一、谷村真弓、まつむら眞弓、志乃原良子、三浦徳子、並木史朗、宮田圭子、鎌田栄治、仲野毅、本山力、多田頼満


zakurozaka_no_adauchi_2014

zakurozaka_no_adauchi_2014_01zakurozaka_no_adauchi_2014_02

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://slapdash55.blog43.fc2.com/tb.php/7246-ef9d6cd8