ウルフ・オブ・ウォールストリート 

レオナルド・ディカプリオが「刑事プリオ」だったのは、いつのことだったろうか。官職から退いてからの人生を振り返るのは、あまりいいことではないだろう。それでも現在のていたらくを見るにつけ、たとえば西部でバリバリの血気盛んな若造だったときのことなどは思い出さずにはいられない。夢の世界をさまよっているときの精悍さも脳裏に焼きついているし、船の舳先で曲芸をしていた勇姿「ギャッツビーつけて、カッコつけて」と華麗に歌っていた潑剌なときも記憶に残る。
今後、そのときのプリオが戻ってくることはあるのだろうか。われわれの前で「ぼく、プリオ」と言ってくれるときがくるのだろうか。

■THE WOLF OF WALL STREET 2013年 アメリカ映画
監督:マーティン・スコセッシ
製作:マーティン・スコセッシ、レオナルド・ディカプリオ、リザ・アジズ、ジョーイ・マクファーランド、エマ・コスコフ
原作:ジョーダン・ベルフォート『ウォール街狂乱日記』(早川書房)
脚本:テレンス・ウィンター
出演:レオナルド・ディカプリオ、ジョナ・ヒル、マーゴット・ロビー、マシュー・マコノヒー、ジョン・ファブロー、カイル・チャンドラー、ロブ・ライナー、ジャン・デュジャルダン


The_Wolf_of_Wall_Street_2013

wolf_of_wall_street_2013_01wolf_of_wall_street_2013_02wolf_of_wall_street_2013_03
wolf_of_wall_street_2013_04

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://slapdash55.blog43.fc2.com/tb.php/7191-6a55a9be