青天の霹靂 

どうにもうざったい大泉洋と、いかにもうざったい劇団ひとりの、なんともうざったいコンビネーションが発揮された一作といえる。あまりのうざったさにパッとしない人生を送っている大泉が過去にタイムスリップし、自分のうざったさが父親(劇団ひとり)にあることを認識するところから始まるマジック・ストーリー。
手妻を語源とするように、奇術は稲妻のごとくすばやい手技が必要になる。それを2人が見事なほどにマスターしているのは賞賛に値するが、うざったさも倍になっているのはいかんともしがたい。だがそれを清涼剤のようにすがすがしい空気にかえる柴咲コウの効果は絶大である。

■青天の霹靂 2014年 日本映画
監督:劇団ひとり
原作:劇団ひとり『青天の霹靂』(幻冬舎)
脚本:劇団ひとり、橋部敦子
主題歌:Mr.Children『放たれる』
出演:大泉洋、宇梶楼蘭、橋爪ヨウコ、柴咲コウ、清水ヤスユキ、劇団ひとり、木引優子、いのけん、新島勝夫、大門与作作、笹野高史、五歩一豊、風間杜夫、橋本わかな、柄本佑、箱木宏美、小石至誠、根本樹、入江雅人、高橋周平、岩井秀人、前野朋哉、須田琉雅、黒田大輔、中村育二、今井隆文、小村裕次郎、諌山幸治、神宮寺しし丸、ヤマザキモータース、原田隼人、稲川実代子、神谷結、原扶貴子、猫柳ロミオ、芹澤興人、藤白すみれ、猫田直、水上純一医、水森コウ太、梅田智子、森下サトシ、佐藤真弓、池谷のぶえ、弘中麻紀、中沢青六、宮内順子


seiten_no_hekireki_2014

seiten_no_hekireki_01seiten_no_hekireki_02seiten_no_hekireki_03
seiten_no_hekireki_2014_02

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://slapdash55.blog43.fc2.com/tb.php/7167-3ac9a213