デモリションマン 

SFアクションと銘打ちながら、細かいところでカルチャーギャップによるコメディーのテイストが加えられている。スタローン映画であるから、いつものようなドンパチは相変わらずだが、そのコミカル部分でほかのアクションムービーとの差別化をはかっているのだろう。しかし、この手のものはスタローンのもの意外ではけっこう多く、しかもコメディアンの素養がないスタローンでは、これらのギャグが生かしにくいのが難。
それでもコメディー好きからすれば、たとえば、シュワルツェネッガーの『ラスト・アクション・ヒーロー』のように、興行的には失敗していても楽しんで見ることができる。貝の使い方が解明されないところに不満は残るが。

■DEMOLITION MAN 1994年 アメリカ映画
監督:マルコ・ブランビヤ
脚本:フランコ・M. レンコフ、ロバート・レノウ
出演:シルベスター・スタローン、ウェズリー・スナイプス、サンドラ・ブロック、ナイジェル・ホーソーン、ベンジャミン・ブラット、デニス・リアリー、グランド・L. ブッシュ、スティーブ・カーン、ボブ・ガントン、グレン・シャディックス、パット・スキッパー


Demolition_Man_1993

Demolition_Man_1993_01

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://slapdash55.blog43.fc2.com/tb.php/7141-0fb34bb5