アンコール!! 

以前に『アジャストメント』で主人公に敵対する側の親玉を演じているテレンス・スタンプが非常にスタイリッシュに見え、かっこいい爺さんになったなぁと思っていたのだが、本作ではそのかっこよさに加えて、合唱団に加わらず孤高を突き通そうとする頑固爺ぶりがイカす。その背景には息子と相容れない悲しみを抱えている。その内面の表出が1965年の『コレクター』から引き継がれたものであることを知れば、いっそう興味深く鑑賞することができるだろう。
彼の妻役がバネッサ・レッドグレープだったとはついぞ気づかず、途中までは実は爺さんなのではないかと思ってしまうほどである。爺さんだったら爺さんだったで、コーラスなどはそっちのけでまた別のテーマの物語になるだろうけれども、もしそうだったとしたら絶対に見ない。

■SONG FOR MARION / UNFINISHED SONG 2012年 イギリス映画
監督・脚本:ポール・アンドリュー・ウィリアムズ
主題歌:セリーヌ・ディオン「Unfinished Songs」
出演:テレンス・スタンプ、ヴァネッサ・レッドグレーブ、ジェマ・アータートン、クリストファー・エクルストン、アン・リード、ジャメイン・ハンター、カリータ・レインフォード、ラム・ジョン・ホルダー


encore_SONG_FOR_MARION_2012

SONG_FOR_MARION_2012

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://slapdash55.blog43.fc2.com/tb.php/7134-7af5a395