弾丸を噛め 

キャストに「ジャン=マイケル・ビンセント」の名を発見。1975年制作だから、彼にしては初期のものだ。自分にとってのジャン=マイケル・ビンセントは『グレート・スタントマン』である。いずれもロートルに対抗するイケメンの若者役だ。そのブラッド・ピットをさらにすっきりさせたようなすがすがしい容姿はいまだに印象に強い。思い返してみるとその後の出演作を見ていない気がするので、自分の中の彼に対する記憶がその当時で止まったままなのであろう。
調べてみると、『グレート・スタントマン』のあともコンスタントに出演作はあるが、ことごとく見ていない。私生活でも酒と薬に溺れるという、典型的なスターの没落する道を辿ったようだ。2000年前後からほぼ引退状態らしいが、ウェブ上のそのころの写真を見ても、ミッキー・ロークのごとき変わりようで、当時の彼とは結びつかない。おそらくしらっと出演していても、彼だとはわからないだろう。

■BITE THE BULLET 1975年 カナダ映画
監督・製作・脚本:リチャード・ブルックス
出演:ジーン・ハックマン、キャンディス・バーゲン、ジェームズ・コバーン、ベン・ジョンソン、ジャン=マイケル・ビンセント、サリー・カークランド、イアン・バネン、ロバート・ドナー、ジーン・ウィルス、マリオ・アルティーガ、ダブニー・コールマン、ロバート・F. ホイ、バディ・バン・ホーン、ジョー・ブルックス


DANGAN_WO_KAME_1975

DANGAN_WO_KAME_1975_01DANGAN_WO_KAME_1975_02DANGAN_WO_KAME_1975_03

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://slapdash55.blog43.fc2.com/tb.php/7128-f867c4cc