バトルフロント 

警察を退き娘と暮らす父親が、昔、自分が捕まえたことにより恨みを抱かれ、復讐されそうになるところを迎え撃つ、という、有り体にいってしまえば、お話自体はよくある親子愛をからめたアクションと言ってしまえるだろう。ただひとつ、ほかの同じストーリー仕立てのものと一線を画すのは、その親父が強すぎるという点だ。
もちろん、これまでのものでも、たとえば『コマンドー』などを例にあげるまでもなく父親は強かったが、それ以上にジェイソン・ステイサムのパワーは抜群である。敵に捕まっていようと、あっという間に周囲の数人をたたきのめす。あまりにありあまる力のやりどころに困ったためか、カーチェイスで人質として娘が乗っている車に自分の車をぶち当てる始末。娘の身の心配をするよりも、相手をたたきのめしたい欲望のほうが大きいのだろう。
あまりに強く、全編で彼が窮地に陥るところがほとんどなく、それはそれで興ざめである。

■HOMEFRONT 2013年 アメリカ映画
監督:ゲイリー・フレダー
脚本・原案:シルベスター・スタローン、チャック・ローガン
出演:ジェイソン・ステイサム、ジェームズ・フランコ、ウィノナ・ライダー、ケイト・ボスワース、マーカス・ヘスター、クランシー・ブラウン、オマー・ベンソン・ミラー、ラシェル・ルフェーブル、フランク・グリロ、チャック・ジトー、プルイット・テイラー・ビンス、リンズ・エドワーズ、オーウェン・ハーン、スチュアート・グリア、クリスタ・キャンベル、アミン・ジョセフ、ランス・E. ニコルズ、マイケル・トレイナー、ジョー・クレスト、ビリー・スローター、クリストファー・アラン・ウィーバー、クレイグ・スターク、リッチー・モンゴメリー、アンバー・ドーン・ランドラム、エディ・マシューズ、ウィリアム・ウェバー、マイケル・パパジョン、ニコル・アンドリュース、デニーン・タイラー、ロドニー・ヘバート、エルトン・ルブランク、ブリジット・ニコルズ


battlefront_2013

homefront_2013homefront_2013_01homefront_2013_02
homefront_2013_03

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://slapdash55.blog43.fc2.com/tb.php/7113-f78a0482