オートマタ 

事前情報をチェックしないうえに、あまり期待もせずに見たのがよかったのだろうか、意外なおもしろさであった。アンドロイドの造形が浦沢直樹の『PLUTO』を思わせ、またどす黒く重たいディストピアも典型的なパターンに陥りそうになりながらも、ぎりぎりのラインで独特の雰囲気を保っているのが好ましい。
しばらく銀幕ではお目にかからなかったアントニオ・バンデラスは、あの濃ゆい風貌のまま禿頭になり、さらなる異質なたたずまいを見せる。日本公開は未定だというが、こういう佳作をどんどん公開していただきたいものである。

■AUTÓMATA 2014年 スペイン/ブルガリア映画
監督:ゲイブ・イバネス
製作:アントニオ・バンデラス、サンドラ・ヘルミダ、アビ・ラーナー、ダニー・ラーナー、デヴィッド・バロッド、レス・ウェルドン
脚本・原案:ゲイブ・イバネス、イゴール・レガレッタ、ジャビア・サンチェス・ドナート
出演:アントニオ・バンデラス、ビアギッテ・ヨート・スレンセン、ディラン・マクダーモット、メラニー・グリフィス、ロバート・フォスター、ティム・マキナニー、アンディ・ナイマン、デビッド・ライオール、アンドリュー・ティアナン、クリスタ・キャンベル、クリスティーナ・タム、ハビエル・バルデム、ダン・ケイド、バシャル・ラハル、ダニエル・カレン、フィリップ・ロッシュ、
ガリーナ・サボバ


MOVIE_AUTOMATA_2014

automata_2014_01automata_2014_02automata_2014_03
automata_2014

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://slapdash55.blog43.fc2.com/tb.php/7109-a1b6471b