イレイザー 

公開当時、子どもから大人までがあまねく鑑賞し、劇中でのシュワルツェネッガーの決めゼリフ「おまえは消去された」という言葉が流行語となり、街を歩けばそこここで「消去」「消去」の声が聞こえたものだ。
ともすれば、シュワものの安易な模倣とまでいわれそうなつくりであるが、「それの何が悪い?」と開き直ってしまえばスタローンのような筋肉バカ路線を突っ走っていけたはず。その末にも名声はあったはずだが、妙な色気を出して「地位の高い名声(けっして高くはないのだが)」を求めてしまたったがゆえに、「アイル・ビー・バック!」の戻る場所がなくなってしまったのである。

■ERASER 1996年 アメリカ映画
監督:チャールズ・ラッセル
脚本:トニー・プライヤー、ウォロン・グリーン
出演:アーノルド・シュワルツェネッガー、ジェームズ・カーン、バネッサ・ウィリアムズ、ジェームズ・コバーン、ロバート・パストレッリ、ジェームズ・クロムウェル、ダニー・ヌッチ、アンディ・ロマノ、ニック・チンランド


Eraser_1996

Eraser_1996_01Eraser_1996_02

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://slapdash55.blog43.fc2.com/tb.php/7080-4be4f6bd