スティーブ・ジョブズ 

成功者の伝記を映画化することは昔から数多くやられているが、わりあい最近の人をテーマとすることが、ここのところ多くなっているような気がする。『ソーシャル・ネットワーク』などはその最たる例だが、その系列に連なるのが本作だ。
Apple社の創業から学ぶことができるだけに、この映画を見る前と見たあとでは、MacやiPhoneの扱いが変わってくることだろう。
なお、個人的には、この映画のいちばんの見どころはエンドロールにあったように思う。くわしくは書かないが、この映画をつくる際のディテールへのこだわりが感じられる終幕であろう。

■JOBS 2013年 アメリカ映画
監督:ジョシュア・マイケル・スターン
製作:ジョシュア・マイケル・スターン、マーク・ヒューム
脚本:マット・ホワイトリー
出演:アシュトン・カッチャー、ダーモット・マローニー、ルーカス・ハース、J.K. シモンズ、レスリー・アン・ウォーレン、ロン・エルダード、アナ・オライリー、ジョン・ゲッツ、ジェームズ・ウッズ、マシュー・モディーン


steve_jobs_2013

steve_jobs_2013_01jobs_2013

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://slapdash55.blog43.fc2.com/tb.php/7076-bd0cc155