エクソダス/神と王 

神話をフィクションとして扱うか、古のノンフィ クションとして取り上げるか、その軸足のポジションによって、映画としてのつくりも変わってくる。あくまでSFと同等の想像上の物語であれば、基本的には 「なんでもあり」の世界となり、やりたいことは何でも好きほうだいに展開できる。だが、実際のストーリーとして重厚長大な加重を与えることによって、その 作品としての箔がのせられ、いわゆる「作品」としての価値も上がる。
ただ、後者の考えによる地味な映像よりも、前者のスペクタクルな迫力を鑑賞者に与えたい。それが本来の映画としての役割だからである。その意味では、エクソダスな映像を見せる本作は、エクソを十分に出しているといえるだろう。

■EXODUS: GODS AND KINGS 2014年 アメリカ映画
監督:リドリー・スコット
原案:ビル・コラージュ、アダム・クーパー
脚本:スティーブン・ザイリアン
出演:クリスチャン・ベイル、ジョエル・エドガートン、ジョン・タートゥーロ、アーロン・ポール、ベン・メンデルソーン、シガーニー・ウィーバー、ベン・キングズレー


EXODUS_GODS_AND_KINGS_2014

EXODUS_GODS_AND_KINGS_2014_01EXODUS_GODS_AND_KINGS_2014_02EXODUS_GODS_AND_KINGS_2014_03
EXODUS_GODS_AND_KINGS_2014_04EXODUS_GODS_AND_KINGS_2014_05EXODUS_GODS_AND_KINGS_2014_06
EXODUS_GODS_AND_KINGS_2014_07EXODUS_GODS_AND_KINGS_2014_08EXODUS_GODS_AND_KINGS_2014_09

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://slapdash55.blog43.fc2.com/tb.php/7049-d8266f13