ファミリー・プロット 

何かしらを述べるにあたって重要となってくるのがプロットだ。小説にしろ、映画にしろ、このプロットの出来いかんで、その後の作品の成否の結果が変わってくる。しかしいくら綿密にプロットを立てて始めたとしても、その場その場での単なる思いつき程度のアイデアなどによって微妙にプロットに狂いが生じることがよくある。ちょっと方向がずれれば、その延長線上では、当初の思い描いていたところとは大きく異なるところに到達することになる。
もっとこの映画についてのプロットを書こうと思って書き始めても、このようにファミリーに行き着かずに、妙なプロットの文章だけで終わってしまうこのレビューもしかりである。

■FAMILY PLOT 1976年 アメリカ映画
監督・製作:アルフレッド・ヒッチコック
原作:ビクター・カニング
脚本:アーネスト・レーマン
出演:カレン・ブラック、ブルース・ダーン、バーバラ・ハリス、ウィリアム・ディベイン、エド・ローター、キャスリーン・ネスビット、チャールズ・タイナー、キャサリン・ヘルモンド、エディス・アトウォーター、ウィリアム・プリンス、ニコラス・コラサント、マージ・レッドモンド


FAMILY_PLOT_1976

FAMILY_PLOT_1976_01FAMILY_PLOT_1976_02FAMILY_PLOT_1976_03
FAMILY_PLOT_1976_04

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://slapdash55.blog43.fc2.com/tb.php/7032-055950e9