ラヂオの時間 

三谷映画第1作である。東京サンシャインボーイズの舞台版を基本設定としていることもあり、ほぼ一幕で展開するストーリーは、やはり舞台脚本からキャリアをスタートさせ、その傾向が今でも続く三谷幸喜の得意とするところだ。その限定された空間において限られた登場人物がドタバタと動きわまわることで、滑稽さが際立つ仕掛けである。
次作『みんなのいえ』では、その限定空間がとっぱわれたため、大勢のゲストがチョイ役で出演していたが、本作でもじつは、その間隙を縫うようにしてゲスト出演者が顔を出していた。なかには佐藤B昨や宮本信子のように「顔も出していない」ゲストもいたのだったが。

■WELCOME BACK MR. MCDONALD 1997年 日本映画
監督・脚本:三谷幸喜
原作:三谷幸喜と東京サンシャインボーイズ
出演:唐沢寿明、 鈴木京香、 西村雅彦、 戸田恵子、 井上順、細川俊之、奥貫薫、梶原善、モロ師岡、近藤芳正、布施明、藤村俊二、並樹史朗、田口浩正、梅野泰靖、小野武彦、市川染五郎、遠藤久美子、渡辺謙、桃井かおり、佐藤B作、 宮本信子


Welcome_Back_Mr_McDonald_1997

RADIO_NO_JIKAN_1997

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://slapdash55.blog43.fc2.com/tb.php/7013-ba3d80f0