サイコ 

いわずと知れたサスペンスの名匠ヒッチコックの代表作。この『サイコ』によって、映画史は大きな転換点を迎えたといってもいい。そんなエポック・メーキング的金字塔である。
なかでも主演のジャネット・リーがバスルームで殺害されるシーンは、この映画を見たことがない人でも目にしたことがあるであろう 名場面だ。ここから、いわゆる「絶叫クイーン」の歴史が歩みはじめた。この悲鳴の女王の系譜は、やがては極東の片隅でにしおかすみこが継承することなど、このときは思いもよらなかったことであろう。

■PSYCHO 1960年 アメリカ映画
監督・製作:アルフレッド・ヒッチコック
原作:ロバート・ブロック
脚本:ジョセフ・ステファノ
出演:アンソニー・パーキンス、ジャネット・リー、ジョン・ギャビン、ベラ・マイルズ、マーティン・バルサム、サイモン・オークランド、ジョン・マッキンタイア、ジョン・アンダーソン、パトリシア・ヒッチコック、バージニア・グレッグ、ポール・ジャスミン、ジャネット・ノーラン、フランク・アルバートソン、モート・ミルズ、キット・カーソン、サム・フリント、ポール・ジャスミン、リー・カース、テッド・ナイト、ヘレン・ウォーレス、フランク・キルモンド


Psycho_1960

Psycho_1960_01Psycho_1960_02Psycho_1960_03
Psycho_1960_04

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://slapdash55.blog43.fc2.com/tb.php/6995-c57d71b1