わが母の記 

知らない人も多くなってしまったのではないかと思われるが、樹木希林は、このような「き」が3つも並ぶ芸名になる前は悠木千帆という名前で活躍しており、いまでは伝説のテレビドラマ『寺内勘太郎一家』で老婆を演じていたのである。調べてみると、その「寺内きん」という役の設定は70歳であったという。当時30歳そこそこの彼女は40歳も年上の女性として沢田研二のファンであるお婆さんになっていたのだ。
1943年生まれの彼女は、映画撮影時はほぼその寺内きんの実年齢であった。悠木千帆に時代がやっと追いついたといえる。彼女の本格的な活動はこれからだ。

■CHRONICLE OF MY MOTHER 2011年 アメリカ映画
監督・脚本:原田眞人
原作:井上靖『わが母の記~花の下・月の光・雪の面~』(講談社)
出演:役所広司、樹木希林、竹内海晴、塚原大助、宮崎あおい、池田良、南果歩、木村光正、青木将彦、中台あきお、片桐はづき、キムラ緑子、山根久幸、ミムラ、赤間麻里子、菊池亜希子、三浦貴大、真野恵里菜、三國連太郎、赤間麻里子、小宮孝泰、橋本じゅん、大久保佳代子、仁山貴恵、細川圭一、伊藤久美子、大和田ハルヲ、斎賀正和、樋口好未、渡辺迅、藤井宏之、長澤荘太郎、土屋風丸、尾上博美、小林あや、末原一乃、佐々木誠二、宇賀神明広、枝元塚佳、小林京子、平塚真由、友倉由美子、佐伯新、羽田真、佐々井隆史、薄井伸一、関幸治、宇野秀彦、松本あずさ、荒川由佳、松田和之、森川洋、鴻池真麻、高木章


waga_haha_no_ki_2012

waga_haha_no_ki_2012_01waga_haha_no_ki_2012_02

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://slapdash55.blog43.fc2.com/tb.php/6990-940812f7