魔女の宅急便 

宮崎アニメ特有の浮遊感をどのように表現するかに注目である。現実がアニメを超え、アニメが現実を超えるという繰り返しで映像技術は切磋琢磨してきていると覚しいが、その現在の到達点が示されたといっていい。もはやアニメがどうの現実がどうのという域の話は終焉したのかもしれない。
ただ、宮沢りえや尾野真千子を見ると、やはりアニメより実写のほうがいいなぁと思ってしまうのではあるが。

■魔女の宅急便 2014年 日本映画
監督:清水崇
原作:角野栄子
脚本:奥寺佐渡子、清水崇
主題歌:倉木麻衣『Wake me up』
出演:小芝風花、尾野真千子、広田亮平、石井出海、神咲はる、宮沢りえ、野村琴葉、横溝菜帆、原涼子、山本浩司、筒井道隆、原扶貴子、宮地眞理子、村田唯、麻亜里、角野栄子、佐藤芽、松下太亮、大田康太郎、土屋真由美、藤井俊輔、赤澤涼太、高本華瑠、青島心、LiLiCo、小野田翔空、浅野忠信、吉田羊、文曄星、新井浩文、大竹佑実、段文凝、井上琳水、松原菜野花、植田紗帆、戸部日菜子、藤塚菫、志賀廣太郎、須田琉雅、和泉ちぬ、寿美菜子、YURI、金澤美穂、若山耀人、清水みさと、藤澤志帆、はやしだみさ、大林佳奈子


majo_no_takkyubin_2014

majonotakkyubin_2014

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://slapdash55.blog43.fc2.com/tb.php/6943-b505672e