小さいおうち 

山田洋次監督という先入観で、もっと「小さな家」での日常がほのぼのタッチで描かれ、何か事件が起きるわけでもなく、やわやわと時間が過ぎるだけのストーリーかと思って見たため、途中から、松たか子の恋の行く末にちょっとドキドキする。時代が時代だけに、その結末はあえないものにならざるを得ないのはわかってはいるが、その行為を直接的には描かない老練な監督の手腕にはうまいことはめられた感じだ。
もうひとつ、トピックを記しておけば、劇中で『北の国から』の純と蛍が感動の再会かと思いきや、ぎりぎりのところですれ違って去っていく演出は、私のような『北の国から』を一度も満足に見たことのない人間にとっても鳥肌ものであった。

■小さいおうち 2013年 日本映画
監督:山田洋次
原作:中島京子『小さいおうち』(文藝春秋)
脚本:山田洋次、平松恵美子
出演:松たか子、秋山聡、黒木華、市川福太郎、片岡孝太郎、吉岡秀隆、桜咲拓弥、妻夫木聡、片岡功、倍賞千恵子、根岸奈央、橋爪功、伊藤瑠南、吉行和子、浅野加寿希、室井滋、加藤満、中嶋朋子、北山雅康、林家正蔵、小山典子、高岡智子、ラサール石井、杉山俊幸、あき竹城、松金よね子、石原舞子、螢雪次朗、四家卯大、市川福太郎、柴草玲、秋山聡、笹野高史、小林稔侍、夏川結衣、岡本茉利、木村文乃、鈴木翼、米倉斉加年


chiisai_ouchi_2013

chiisai_ouchi_2013_01chiisai_ouchi_2013_02

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://slapdash55.blog43.fc2.com/tb.php/6903-1cace7c5