男たちのかいた絵 

もはや大御所となられた筒井康隆原作による一作である。筒井作品には映像化がむずかしいものが多いとは昔からいわれてきたが、本作はその中ではやりやすものだったのではないか。もちろん、これまで何度も映像化されている『時をかける少女』のようなものや、石原さとみのういういしさが際立つ『わたしのグランパ』などもあるが、過去には『俗物図鑑』や『日本以外全部沈没』などのような無理といわれながらも製作したその努力は買おう的なものも存在する。
この作品の映像化が成功したのは、主人公の人格が入れ替わる際のトヨエツの見事な演技にも助けられていようけれども、彼以外の出演者の面々もくせ者がずらっと首を揃えているところから見ても、その総合的なパワーが生み出されているのであろう。

■THE MAN WITH TWO HEARTS 1998年 日本映画
監督:伊藤秀裕
プロデューサー:川崎隆、桃井かおり
原作:筒井康隆「男たちのかいた絵」
脚色:神代辰巳、本調有香、伊藤秀裕
出演:豊川悦司、高橋恵子、内藤剛志、筒井康隆、永島敏行、夏生ゆうな、安岡力也、伊佐山ひろ子、竹井みどり、柳ユーレイ、中山太吾朗、哀川翔、永島暎子、ダンカン、白竜、モロ師岡


otokotachi_no_kaita_e_1996

The_man_with_two_hearts_1996

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://slapdash55.blog43.fc2.com/tb.php/6854-770f27ae