守護天使 

カンニング竹山主演による一作。彼の主演映画というのは、どうにも居心地が悪い気持ちで鑑賞することになってしまう。以前の『ネコタクシー』も同様だった。それはカンニングがテレビに出だしたときに、竹山が「テレビになんて出なくていい」と毒づいていたことが強烈に印象に残っていることに起因している。いくらその後、バラエティ番組やドラマなどでそのタレント性を発揮しているといっても、その第一印象がどうにも拭えないのである。
それは翻っていえば、彼の当時の姿勢を評価したということであり、現在の状態を歯がゆい思いで見ているということの証左でもある。つまりはそれだけの期待値を背負ったタレントなのである。ほんとか。

■守護天使 2009年 日本映画
監督:佐藤祐市
原作:上村佑『守護天使』(宝島社)
脚本:橋本裕志
主題歌:エイジア エンジニア『僕にできる事のすべて』
出演:カンニング竹山、佐々木蔵之介、與真司郎、忽那汐里、寺島しのぶ、柄本佑、日村勇紀、波瑠、吉田鋼太郎、キムラ緑子、升毅、佐野史郎、池内博之、大杉漣、椿鮒子、渡辺敬介、林和義、田崎日加理、須藤凌太、堀ひろこ、高橋努、浅川稚広、平野勝美、菊地真之、宮地眞理子、山田洋、大谷俊平、指出瑞貴、澁谷武尊、浅利英和、紺野智史


syugo_tenshi_2009

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://slapdash55.blog43.fc2.com/tb.php/6771-3e8ef165