BRUCE LEE in G.O.D./死亡的遊戯 

少し前に見たバラエティ番組で、出演していた唐沢寿明が、自分の原点は香港映画であり、三大スターはブルース・リーとサモ・ハン・キンポーとユンピョウであると発言していた。これは私にとっては大いに納得できるところなのだが、人によっては「なぜジャッキー・チェンが入っていないのか」と訝しく思うかもしれない。確かに香港カンフー映画では『五福星』ほか数々の作品でサモ・ハン、ユン・ピョウと共演しているので、3人1セット的な見方ができる。
だが、唐沢の世代的には、まずはブルース・リーである。あの怪鳥音とともに一大センセーションを巻き起こした彼のアクションの衝撃は、まだ幼いわれわれの心の襞に深く刻みつけられているのだ。その流れでいくと、『燃えよドラゴン』で実際にリーと拳を交えたサモ・ハンや、端役ではあるけれども『ドラゴン怒りの鉄拳』、『ドラゴンへの道』、『燃えよドラゴン』に出演を果たしているユン・ピョウとなるのだろう。ジャッキーはビッグネームゆえにリーよりも後の人という感じで、カンフーアクションとしては明らかにラインが異なると思われるから、少なくとも私はこのセレクトには同意である。
そんなブルース・リーファンにとって、『死亡遊戯』もしくは『死亡の塔』でも公開されていないフィルムを見ることができる本作は必見であろう。

■BRUCE LEE in G.O.D./死亡的遊戯 2000年 日本映画
監督:大串利一
脚本:新田隆男、大串利一
出演:ブルース・リー、ダン・イノサント、カリーム・アブドゥル=ジャバール、チー・ハンサイ、ジェームズ・ティエン、デビッド・リー、ハン・チアエ・ジ、ジョージ・レーゼンビー、ベイ・ローガン、ウォン・インシク、ユン・ピョウ、ユイ・ワー、ユアン・チエ、チャプリン・チャン、木村武之


Bruce_Lee_in_GOD_shibotekiyugi_2000

GAME_OF_DEATH_2000
 

■ドラゴン危機一発 / 唐山大兄 / THE BIG-BOSS 1971年 香港映画
監督・脚本:ロー・ウェイ
製作:レイモンド・チョウ
武術指導: ブルース・リー
出演:ブルース・リー、マリア・イー 、ジェームズ・ティエン、リュー・イェン、ハン・インチェ、ノラ・ミヤオ


dragon_kikiippatsu_THE_BIG_BOSS_1971
 

■ドラゴン怒りの鉄拳 / 精武門 / FIST OF FURY / THE IRON HAND 1971年 香港映画
監督・脚本:ロー・ウェイ
製作:レイモンド・チョウ
出演:ブルース・リー、ノラ・ミヤオ、ロバート・ベイカー、ジェームズ・ティエン、橋本力、ティエン・ファン、ハン・インチェ


dragon_ikari_no_tekken_FIST_OF_FURY_1972dragon_ikari_no_tekken_FIST_OF_FURY_1972_01
 

■最後のブルース・リー/ドラゴンへの道 / 猛龍過江 / RETURN OF THE DRAGON / THE WAY OF THE DRAGON 1972年 香港映画
監督・脚本:ブルース・リー
製作:レイモンド・チョウ、ブルース・リー
音楽:ジョセフ・クー、ブルース・リー
出演:ブルース・リー、ノラ・ミヤオ、チャック・ノリス、ロバート・ウォール、ジョン・T. ベン、ウォン・インシク


dragon_heno_michi_THE_WAY_OF_THE_DRAGON_1972dragon_heno_michi_1972
 

■ブルース・リーのグリーン・ホーネット / BRUCE LEE IN THE GREEN HORNET 1967年 アメリカ映画
監督:ノーマン・フォスター
原作:ジョージ・W. トレンドル
脚本:ジェリー・トーマス
出演:バン・ウィリアムズ、ブルース・リー、ウェンディ・ワグナー、マコ岩松


BRUCE_LEE_NO_GREEN_HORNET_1967
 

■ブルース・リー/電光石火 / THE GREEN HONET: FURY OF THE DRAGON 1966年 アメリカ映画
監督:ウィリアム・ボーダイン
脚本:ジェリー・トーマス
出演:バン・ウィリアムズ、ブルース・リー、ウェンディ・ワグナー


bruce_lee_denko_sekka_GREEN_HONET_196

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://slapdash55.blog43.fc2.com/tb.php/6750-0c6a22d8