エージェント・コーディ 

大人になったらなりたいものと子どもに聞くと、「サラリーマンになって堅実な生活を築く」などという返事が返ってくる昨今、「正義のヒーロー」や「世界を股にかけて活躍するスパイ」という昔ながらの夢はどこに消え去ったのか。われわれがまだ子どもだったころに持っていた将来像をことごとく打ち砕かれながら生きてきたあげく、その夢は映画の中にしかなかったことに気づくのだが、それが少々早く訪れているのに過ぎないのだろうか。
だからといって、映画の世界ではいまだにヒーローが悪者を倒し、スパイが跋扈する。そしてときに高校生までもがスパイとなるのである。昔の夢を実現化したような気分に浸らせてくれるノスタルジックなひとときを味わいたい人のために。

■AGENT CODY BANKS 2003年 アメリカ映画
監督:ハラルド・ズワルト
原案:ジェフリー・ジャーゲンセン
脚本:アシュリー・エドワード・ミラー、ザック・ステンツ、スコット・アレクサンダー、ラリー・カラゼウスキー
出演:フランキー・ムニッズ、ヒラリー・ダフ、アンジー・ハーモン、キース・デビッド、シンシア・スティーブンソン、アーノルド・ボスルー、ダニエル・ローバック、イアン・マクシェーン、コナー・ウィドウズ


AGENT_CODY_BANKS_2003

agent_cody_banks_2003_01agent_cody_banks_2003_02agent_cody_banks_2003_03

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://slapdash55.blog43.fc2.com/tb.php/6597-f1bb4dcc