俗物図鑑 

筒井康隆の小説の映像化はこれまで『時をかける少女』や「七瀬シリーズ」などの複数回つくられている代表的なものから、『ウィークエンド・シャッフル』、『日本以外全部沈没』、『スタア』などのスラップスティックやパロディ系の作品まで幅広い。そんな中でも、本作は映像化は無理といわれた異色作である。
確かに原作を読んだだけでも、筒井氏の確かな筆から紡ぎ出されるリアルな表現に背筋を怖気が伝うこと数多な作品であり、だけどもまだ文章だから読めるが、この映像があったら疥癬爺を見た女性よろしく卒倒すること間違いなしと想像できる。
それにあえて挑んだ内藤誠には賞賛の拍手を贈るべきであろう。たとえ、出演者の演技が未熟であろうと、残念な出来であろうと。

■PICTURE BOOK OF VULGARITY 1982年 日本映画
監督:内藤誠
原作:筒井康隆
脚本:内藤誠、桂千穂
音楽:ヒカシュー
出演:平岡正明、巻上公一、南伸坊、入江若葉、栗林由美子、三谷喜三夫、日野繭子、沢村千喜、吉沢由起、倉橋裕子、白鳥信一、天笠ひろみ、水島文夫、ウィーキッズ、白鳥あかね、森田富生、イのキ軽子、町田知栄子、米田幸平、橋本邦子、伊東清美、麻倉淳子、渡辺和博、杉田一夫、堀田高弘、瓜生良介、佐内順一郎、田口智郎、鈴木祐弘、木村智美、山城新伍、伊藤幸子、山本晋也、上杉清文、牧口元美、朝比奈順子、添田聡司、大林宣彦、海琳正道、安岡力也、黒岩秀行、珠瑠美、春田逸美、北川れい子、村川英、四方田犬彦、竹中労、飯田孝男、末井昭、吉田京子、興石悦子、小野靖子、沢木慶端、手塚真、奥山京子、松田政男、石上三登志


zokubutsu_zukan_1982

zokubutsu_zukan_1982_01zokubutsu_zukan_1982_02

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://slapdash55.blog43.fc2.com/tb.php/6570-f26a2cc7