もらとりあむタマ子 

主演がAKB48だったアイドルタレントらしい。AKB48とは、それなりの女の子もいれば、単体でよく見れば平均以下というハズレも混ぜながら、とにかくこけおどしの物量作戦で人気を得ているアイドルグループである。だから、そこでいちばん人気だったからといって、そこを脱退して(卒業と称するらしい)比較対象が周囲にいなくなれば、平均にいくかいかないかの女の子である。
だからこそ、このような等身大ともいえる自堕落な役もこなせるのであろうし、それは裏を返せば、人気のあるアイドルとしてチヤホヤされた経験があるからこそ、それが反映された生活態度をリアリティをこめて演じることができたともいえるのである。
問題は、この次のステップだ。どの階段に足をかけるかで、とんでもないところに登っていってしまう可能性もある。ファンとしては複雑な思いであろう。

■TAMAKO IN MORATORIUM 2013年 日本映画
監督:山下敦弘
脚本:向井康介
主題歌:星野源『季節』
出演:前田敦子、斉藤康史、康すおん、伊東清矢、新野卓、鈴木慶一、マキシム・マツモト、山口有紀、山内健司、村田一朗、服部竜三郎、松井茜、中村久美、佐田明、富田靖子、山田日向、奈良木未羽、難波一宏、内田尋子、萩原利映、吉田亮、緒川尊、Velo武田、原陽子、賀川舞亜、マイコ、久保耐吉、細江祐子、藤村聖子、伊藤沙莉、林和義、宮澤秀羽、田中慎也、滝藤賢一、ジェーニャ☆、アイコルツマリナ、柴田みゆき、市山英貴、有戸麻、麻生真桜


moratorium_tamako_2013

moratorium_tamako_2013_01

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://slapdash55.blog43.fc2.com/tb.php/6562-86772571