マッキー 

過去には蝿から変身した蝿男の恐怖を描いた作品があった(『蝿男の恐怖』『蝿男の逆襲』『ザ・フライ』『ザ・フライ2』)。これらは、同じ虫からの変身譚でありながら、『スパイダーマン』などのヒーローものと一線を画し、フランケンシュタイン吸血鬼ドラキュラなどと同じホラーものの類型のジャンルと目される。それは蝿という人間生活では忌避される害虫の一種が題材であることから考えられた結果であろう。
だが、実際に蝿の立場になってみれば、蝿自身は悪いことをやっているという覚えはなく、人間側が勝手に「悪い」と解釈しているに過ぎないのだから、それはあまりの仕打ちだ。そのような虐げられた歴史を刻んできた蝿が、その思いを胸に立ちあがるのも時間の問題であろう。その姿をいち早くCG満載で映像化したのがインドであったということは、不思議な巡り合わせといえるのではないか。

■EEGA 2012年 インド映画
監督:S.S. ラージャマウリ
出演:ナーニ、サマンサ・ルース・プラブー、スディープ、ハムサ・ナンディーニ、クレージー・モーハン、サンタナム、ノエル、デーバダルシニー、アーディティヤ


macky_2012

macky_2012_01makkhi_2012_01makkhi_2012_02
makkhi_2012_03makkhi_2012_04

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://slapdash55.blog43.fc2.com/tb.php/6500-202a2e00