アナと雪の女王 

自分の異常な力の抑制がままならなくなり、自らつくった氷の城に閉じこもる氷の女王エルサと、それを連れ戻そうとする妹アナの物語は、設定上、雪と氷のシーンが続くこともあり、重く寒いテーマになりがちだが、それを大いに助けているのが、氷の城への道中で登場して進行役を請け負った陽気な雪だるまのオラフである。パターン化した道化としての役割をしっかりとこなすオラフは、物語の展開の中では重要なファクターではないが、彼という存在がいるといないでは大きな違いが出てくることだろう。このようなキーマンの必要性が認識されていくことが、今後の映画化の隆盛を考えるうえで大事である。
見事な雪と氷の表現とともに、いまひとつ蛇足ながら付け加えれば、女王即位の日、ボサボサ髪のエルサが起きるところは、本作の中でいちばん魅力的なシーンであった。さらにいえば、苦悩のエルサの向こう側にダースベイダーを透かし見ることもできるかもしれないとも思ったことも付け加えておこう。

■FROZEN 2013年 アメリカ映画
監督:クリス・バック、ジェニファー・リー
製作総指揮:ジョン・ラセター
原案:アンデルセン『雪の女王』
脚本:ジェニファー・リー
主題歌:イディナ・メンゼル『Let It Go』
主題歌作曲:ロバート・ロペス『Let It Go』
主題歌作詞:クリステン・アンダーソン=ロペス『Let It Go』
声の出演:クリステン・ベル、イディナ・メンゼル、ジョナサン・グロフ、ジョシュ・ギャッド、サンティノ・フォンタナ、アラン・テュディック、キアラン・ハインズ、クリス・ウィリアムズ


ana_to_yuki_no_jooh_2013

frozen_2013_01frozen_2013_02frozen_2013_03
frozen_2013_04frozen_2013_05frozen_2013_06
frozen_2013_07frozen_2013_08frozen_2013_09
frozen_2013_10frozen_2013_11frozen_2013_12
frozen_2013_13frozen_2013_14frozen_2013_15

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://slapdash55.blog43.fc2.com/tb.php/6353-84952fe8