ピカソと寿限無 

ピカソの本名は「パプロ・ディエゴ・ホセ・フランシスコ・デ・パウラ・ホアン・ネポムセノ・> マリア・デ・ロス・レメディオス・クリスピン・クリスピニアノ・デ・ラ・サンティシマ・> トリニダード・ルイス・ブラスコ・ピカソ」という。
一方、わが日本の寿限無に出てくる名前は「寿限無、寿限無、五劫の擦り切れ、海砂利水魚の水行末、雲来末、風来末、食う寝る処に住む処、やぶら小路の藪柑子、パイポパイポ、パイポのシューリンガン、シューリンガンのグーリンダイ、グーリンダイのポンポコピーのポンポコナーの長久命の長助」である。
この長い名前対決が待ち望まれて久しい。かなりの好勝負が期待されるのだが、いまだ実現していないのは、種目はどうあれ、いかに名人級の実況アナウンサーでも、その舌の回転がついていかないだろうから、というのが理由であろうとされている。
有能なアナウンサーの育成が急がれるゆえんである。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://slapdash55.blog43.fc2.com/tb.php/6345-a846ca73