月別アーカイブ

 2017年06月 

美女と野獣 

何の前情報もなく見たのだが、それで初めて本作がミュージカルだったことを知る。基本的に突然なんの脈絡もなく(いや、脈絡はあるのだろうが)歌い出すミュージカルというジャンルはどうも苦手で、歌っているあいだは第三者的な冷めた目で見ることになり、映画の楽しみを味わうことができなくなるのである。それでもなんとか最後まで見ることができたのは、「美女と野獣」というよく知ったお話だったからであろうか。
それにしても野獣と訳されるビーストが、ビーストでありながらイケメンである。もちろんラストでかっこいい王子さまに戻るわけだが、その人間に戻ったときの顔よりもビーストのときのほうがイケメンに見えるくらいで、その部分でこの物語の重要な骨子である「ビーストの状態で愛されるか」ということの説得力に欠けていたといわざるを得ない。

■BEAUTY AND THE BEAST 2017年 アメリカ映画
監督:ビル・コンドン
脚本:エバン・スピリオトポウロス、スティーブン・チョボスキー、ビル・コンドン
オリジナル脚本:リンダ・ウールバートン
出演:エマ・ワトソン、ダン・スティーブンス、ルーク・エバンス、ケビン・クライン、ジョシュ・ギャッド、ユアン・マクレガー、スタンリー・トゥッチ、イアン・マッケラン、エマ・トンプソン


BIJO_TO_YAJU_2017

続きを読む