にせ芭蕉 

売るイケア 買わずに飛び込む 店NOT

風呂桶や 厠に飛び込む 味噌の音

ブレーキや カーズ飛び込む 地図ノート

無礼講や 喰わず飲み込む まずいのと

フルーチェや 肥えず揉み込む 水もっと

塗る一軒家 乾くの見込む デスノート

福井県や ケーズ・ドット・コム ミズノ嘔吐

フリーケア カオスとビーコン ミグのあと

ブルってらぁ 懲りず殴り込む 傷夫(きずおっと)


すべて、ことごとく意味不明じゃ。

織田の歌 

切れるなら ほどけてしまえ スケート靴。

乱暴俳句 

雀のガキめら どきやがれ でけぇ馬っこのお通りだからよ

なんか秋だからさみーな 隣の野郎は何してやがんでぃ 泥棒か

なんだよこの朝顔 水取れねーじゃん おい、水くれ

この柿うめーや おっ、聖徳太子のお寺さんで鐘が鳴ってるじゃん

そこの痩せっぽちの蛙よ もし負けたら この一茶の顔に泥を塗ることになるんだからな 負けたらリンチだかんな

静かだからって蝉の声が岩にしみいる? 嘘つくんじゃねーよ

古いきったねー池だな あ、いまケロケロうるさいやつが飛び込み自殺した音がしたぞ

おいおい、おれといっしょに遊ぼーじゃないの かわいがってやるよ おとんとおかんが行方不明の雀ちゃんよ

そりゃ五月雨を集めりゃ速くなるだろ 最上川だって

旅行の途中にぶっ倒れちまったけど 夢の中で枯れ野を走ってるって もっといいところを走りてーぜ

春の海はよ 年がら年中のたってやがってよ いい気なもんだぜ

夏草とか つわものどもとか 夢の跡とか そんなもんどーでもいいから 金くれよ

月を取れって子どもが泣いてる? そんな無理言うやつはぶんなぐってやる

いくら蝿が手や足をするから打つなって言っても 打ってやる打ってやる

古畑和歌6 

古畑任三郎を和歌で読む「古畑和歌」。12345に続き、ひさびさの第6弾。


刺殺事件を起こした君が刑事で 部長のボクが犯人 世の中そんなもん

君の頬を叩きし手の痛み エキサイト君だけが知りし

時間内に事件が解決できず困ったときは 花田の推理で進行するべし

いつも黒いスーツを着ているのは これが私のブービートラップ

後ろ髪が長いのは これが私のブービートラップ

どこでも自転車で駆けつける これが私のブービートラップ

アクチノバシラス・アクチノミセテムコミタンス これが私のブービートラップ

ゴールデンハーフのルナが好き これが私のブービートラップ

古畑和歌5 

古畑任三郎を和歌で読む「古畑和歌」。1234に続き、でまかせの第5弾。


面接試験はどうやって ガルベスくんの七不思議

私が気付いていることを あなたが気付いていることに 私は気付いておりました

将棋にダーツ、七並べ きたない手ばかり使う君

「犯人は…」そう君が言いしとき 他の人を選ばせることができぬか マジシャンズセレクトで

ストッキングで煙草が吸える証明に 禁煙を破った我を憂う

明日は列車での取引と内ポケットを縫う中年男 後ろ姿さびしき

尻尾の餡がないところが好きな君 完全犯罪は成り立たず

なかなか職が定まらぬ弟に 頭なやますバーサーの兄

君のいない科研の部屋に残る段ボール見し たたずむ僕ひとり涙

古畑和歌4 

古畑任三郎を和歌で読む「古畑和歌」。123に続き、気まぐれの第4弾。


ケツの穴に詰めこまれしお札 せめて吉にしてもらいたし

主の去りし研究室 君の頬はたきし手をしみじみ眺めぬ

この世でいちばんうまいアタリメは 研究室で焼きあがる

方々の家に預けられて今いずこ 家なき子のごとき万五郎

眉間の真ん中は許すまじ それがたとえオヒョイといえども

5人がかりでやられたら ブラックエンペラーの総長もお手上げだ

クサヤまかれたる現場 クサい容疑者ずらりおり

クラッカーの中の占い お尻の中のおみくじ

いくら車椅子だからといって 福山から板尾じゃ説得力持たず

その紅を塗った唇でも 味は変わらず白湯は白湯なり

カッカカッカとするなかれ 君は閣下 ぼくはミッチー

古畑和歌3 

古畑任三郎を和歌で読む「古畑和歌」。12に続き、自己満足の第3弾。


ねぇ兄貴の名字なんだっけ? 向島です

黄色いコートなんて着たくないよ ブルガリの野郎

覚えたら忘れられなくなっちゃった 虫歯菌の名前

おい、にん おれは今度大使館で医者をやるぞ

鏡に書いた卓球の点数 きみとの思い出が消えていく

熱帯魚を殺した罪 ドレミファ懲役3時間

解決後 科研でトリックのおさらい会

これは何かと尋ねられ 花瓶と答え術中に落ちていく君を眺むる

エレベーターはなぜ来ない こんなに連打してるというのに

大陸の夜 バスは走る なぜか苦い鯛焼きを乗せて

窓外を流れる景色 闇に溶けゆく ああスマトラの陽は落ちて